FC2ブログ

アート・ハンドメイドのGallery Artsoup

群馬のアートギャラリー、Artsoupのブログです。

公募展ART SENSE vol.5 各審査員の総評です

公募展ART SENSE vol.5 審査員からの総評です

DK8ByxlV4AAzwz0 (1)   DK8Byu8UEAAfyiv.jpg

DK8By1eUEAIoara.jpg


早いもので今年の公募展も明日で終了、あっというまの三週間でした。
ここで作品の審査にご協力くださいました各審査員からの総評をまとめたいと思います。
それぞれの作家さん宛のコメントは各作家さんへプリントしてお渡しいたします。


①ティ―ストアー 狩野店長

アートスープからもご近所、前橋の人気紅茶専門店です。
アートスープにお出かけの際はぜひ帰りに美味しいお茶とホットサンドをお楽しみください。
ホームページ : http://bsteastand.wixsite.com/hoatea
Twitter     : https://twitter.com/hoateashop


【総評】
数年見てきましたが、全体的にレベルアップされてると思います。
その反面、とびぬけた作品が少なくなった印象があります。



②ARTIFE  成瀬編集長

無料配布とは思えない圧倒的なハイクオリティアートフリー誌、ARTIFEの成瀬編集長です。
ARTIFEはアートスープ、ティーストアー両店舗にて配布しておりますのでぜひご覧ください。


【総評】
絵に、写真に、造形に、様々な作品を一度に見られるので楽しみにしています。
昨年に比べ切り絵が減ったでしょうか。その年で流れがあるのも楽しいですね。
作品の他に、どのようなスタンスで製作、作品と向き合っているのかが書かれている
資料などがあるとより楽しめるような感じがしました。




③MIND CORE 天田代表

神話やダークファンタジーに出てくるエピソードやキャラクタをモチーフに、アクセサリーとして身につけた時の重厚感や存在感、シルバー独特の質感などを考えてデザインしています。
メッセージ性のある作品、面白いものやお茶目なものなどのアクセサリーがライフスタイルの程よいアクセントになればいいなと考えています。
マインドコアカンパニーのアイテムは全てオリジナルです。 カスタムオーダーや、1点もののフルオーダーメイドの製作も承ります。
HP : http://mind-core.jp/



④鈴木ストア 大橋店長
ミセスを中心としたトータルレディースファッションのお店鈴木ストアの店長様であり、
アートスープも所属している前橋中央通り商店街振興組合の理事長様です。
まちなかの活性化、商店街の振興に励む頼れるリーダーで
アートスープが今中央通りで存続できているのはこの方による多大な協力あってこそです。
あとアートスープ常連がみんな大好き「へちゃねこ」は鈴木ストア様で買えます。
HP: http://maebashi.info/tyuuou/suzuki-s/


【総評】
今回もどれもすばらしい作品で、審査に苦労しました。
展示もコンパクトな空間ですが、見やすく展示しており、good!



⑤アコースティックギタリスト goh
2014年頃からアートスープの運営にご協力して下さっているギタリストさん、
2017年からはアートスープ店内にて月一ライブを開催中
次回は10月19日(木)の19時からです、ぜひ遊びに来て下さいませ。
blog : http://goh1090.hatenablog.com/
twitter : https://twitter.com/goh1090


【総評】
”「技術がすごい」「キレイ」「上手い」だけじゃなくて、
その背景に作者の人柄や、イメージ等が見える、それを表現するため技術であれ”と
昔学びまして。そんな作品が少ないなーと思いました。
技術は過去最高レベルだと感じました。
一目見ただけでタダ者じゃない感、がある作品ってあるじゃないですか、
技術抜きにして、なんか人間が見える、思考とか苦悩とかがあんま見えなかったです。
金田さんの作品は人柄が見える、気がする、目を奪われました。



⑥ギャラリー&アートスペース Colmena おおばさやか代表

沖縄県那覇市の国際通りからすぐ近く、むつみ橋通りの水上店舗二階にある
とても活発に展示会やイベントなどの活動を展開しているギャラリーの代表で本人もアーティストさんです。
実は2014年の本大会2回目の時に出展経験もあり、今の店舗でも企画展示の主催を務め
飛行機で前橋まで来て下さってライブペイントもして下さった方です。
HP http://colmena8.weebly.com/


【総評】
皆さんそれぞれ個性豊かでジャンルも形態も違くて、その上写真での審査なのでかなり悩みました。
審査するにあたっての基準として「何が表現したいのか」「描写力・作り込み具合」「展示物として面白いか」などを考えながら作品を評価したつもりなので個人的なこうしたら良くなりそうという感想も入っております。展示会ではなく公募展なので、もっとぶっ飛んだ作品作りをして作品で他の作家さんを倒してやる!って気持ちで挑んでほしいなと思いました。



⑦画家・デザイナー 晴智ありさ

アートスープではお馴染み2013年の開業当時から頻繁に出展され、
フライヤーやDMなどのデザイン制作でも度々お世話になっている金魚の絵描きさん。
今回も審査員としてご協力くださいました、
ちょうど今日10月14日から横浜のAAAギャラリー様で個展「種の環2」を開催。


【総評】
わたくし、デザインのお仕事をしておりまして、デザインは「人を動かすモノ」だと考えております。
「格好良いデザイン!おしゃれなデザイン!」で終わってはいけないのです。
そこから「行ってみたいな、食べてみたいな」など、アクションに繋げないと。
それはアートにも共通するのかなと考えています。
今回は技術の高いもの、奇麗なものなど凄いな、と感じるものばかりでしたが、
そこで終ってしまっているかなと感じた作品が多かったです。
その先にある、グッと心に迫ってくる作者の想いや、
心を動かす作品からの問いかけが欲しかったです。
今年自分は都内のこのような公募展に何度か出展したのですが、
それらを感じる作品が多かった印象です。
溢れ出ていて怖くなりました。(決して都内より技術が劣っている訳ではないです!)
多分、あと一歩二歩なんだと思います。あと少し歩くと霧のようなものがスッと晴れ人の心を動かせるような…
なんて、生意気なことを書かせて頂きましたが、わたくしはまだまだ未熟者です。
今日の審査の中で沢山勉強させてもらい、沢山発見させてもらえたので、
これを今後の活動に活かしていきたいと思います。ありがとうございました!
ギャラリーさんへ……作品票に素材(画材)記入欄欲しいです!



⑧ギャラリーアートスープ スタッフC

旧店鋪の頃より企画展や、新店鋪に移ってからは個展も開催。
やたら式場感のある装飾を加えた展示をすること多数。
あれをしてそれをしてこれをして。色々サポートするお店番・お手伝いの一人。


【総評】
技術に優れている人、こだわりにこだわりぬいた作品。
思い思いに表現してやっと会場にたどりつくのだろうと思っていたので、
技術ではない部分を見ていました。作品の向こう側に感情が見える作品を探しました。
職人のつくりあげるものと、感情を元に、軸にして削り出すものとでは、やはり性質は違うように感じます。
根っこの部分はかくしすぎなくてもいいと思います。遠慮はなくても大丈夫です。
みなさんもっと高いところに行ける。うらやましいと、そればかり考えながら拝見しました。
作品の中だけではせめて遠慮なく感情的になりましょう。
みなさんの生々しい、せんさいな部分をもっと見たいです。
汲み取れていなかったら、ごめんなさい。修行しなおしてきます。




⑨ギャラリーアートスープ スタッフK

主に県内イベントにて多数活躍。
合わせて今年2017年よりアートスープの企画展や個展でも多数出展。
特にイラスト、デザインが得意なお店番・お手伝いの一人。


【総評】
展示会場全体がにぎやかで、見ていてとてもわくわくしました。
表現方法、伝えたい事、みんな十人十色それぞれで初めての審査という事もあり、とても苦労しました。
私個人の考えですが、このような公募展に参加出来る皆様がうらやましいと思いました。
人に評価される、得点を付けられる、人によっては参加することさえ怖くて出来ない事と思います。
なので参加している皆様を尊敬します。
またどこかで、皆様の作品に出会えたら幸いです。皆様のご活躍を心より応援しております。




⑩ギャラリーアートスープ 代表 中林

【総評】
早いものでもう五回目!
一年目に宇都宮市の星が宮アートプロダクト様と文星芸術大学様のご協力で始まった大会も
三年前の前橋移転を機にアートスープ単独開催となりそれから三回目です。
この公募展ART SENSEを切っ掛けにうちに出展して下さった方やここをを知ってくださった
お客様や作家様もとても多く、今のアートスープの基礎を作った重要な展示会です。

Twitterに少しつらつら書いておりましたがアートスープは年齢経歴ジャンルに技法などなど
ありとあらゆる垣根も敷居もとっぱらったどこまでも自由で無限に多様性ある空間を目指しています。
この公募展以外では作家さんに優越や上下をつけて審査することもありません。
作品の出展に運営側の判断でのお断りも今の所ほとんどありません。
(※他の利用者への暴言暴力、わいせつ過ぎる作品など一部例外もありましたが)

「自分の作品をギャラリーに飾ってもらいたい」
と自らの意思でギャラリーに来てくれる方、我々にとっていったいどのくらい貴重な存在か、分かりますか?
今の日本で「趣味で何か作品を作る人」 は総人口の何%でしょうか?
「その作品を人に見せたい・売りたい」 と思う人は何%?
「お金を払って場所を借りて展示がしたい」 と思う人は?
その中で群馬の前橋のアートスープを選んでくれた人は?
だいたい16万2500人に1人ぐらいの割合になるようです。

作品を持ってうちに来てくれた作家さんはその時点で既に数十万人に一人の逸材です、
我々にとっては選ばれし伝説の勇者です。
その中にはまだ駆け出しのレベル1ぐらいの人もいれば
既に他の場所で経験を積んだ高レベルの人もいるでしょう。
完成され洗練された作品もまだまだ改善の余地のある作品も
みんな誰かの大切な自慢の作品で、たくさんの客様の中には
それぞれに趣味嗜好がありどれが良い作品かなんて人それぞれです。
我々なんぞの目で見て「これはレベルが低い」だとか「この作品はうちには置けない」なんて言えるわけがない。
なので、基本的には作品の優越をつけるのは我々にとっては不本意なんです。

では、なぜ公募展は開催されるのか。
そんなアートスープでも一年に一度ぐらいは
「本気で作り込んだ渾身の作品で誰よりも上を目指したい」
という向上心と競争心のある皆様に本気でやりあってもらう場を作ってもいいんじゃないかと
それぞれの作家さんが今の自分の全力を出し合う場があったら
それはとても楽しい展示会になるんじゃないか、そんな考えからです。
でも毎回そんな感じだとうちも作家さんもお客さんも疲れちゃいますから、年に一度だけです。

今回審査員を担当した10人はそれぞれ違う視点、違う分野で活躍してる人を集めました。
私がギャラリーを運営する中で出会ってきた芯が通った尊敬と信頼のおける人たちです。
実はいわゆる「アートの専門家」はあんまりいません、アートコンテストなのにおかしいですね。
どんな方面のどんな目線から見ても、だれがどう見ても強い作品が勝つ、そんな場にしています。

当然みんな採点基準も趣味嗜好も違います。
大絶賛の10点もあれば辛辣な0点もあるかもしれません。
でも誰か一人に10点がもらえたらならあなたの作品は10点満点なんです。

ギャラリーの仕事は美術の先生じゃありませんので得点をつけることじゃない、
誰からも好かれる作品を作る必要なんて全くない。
「この作家さんのこの作品が大好きだ」
そんなお客様と作家様の最良の出会いを作る事が我々の仕事です。
一人の審査員から10点が付いた、審査員特別賞が出た、
投票用紙の「一番好きな作家さん」に名前が書いてあった、
それは最優秀作品賞ではなかったとしても大成功じゃないかと思います。

もちろんそれでも一番が欲しかった人は、また一番を目指してください。
我々はあなたを心から応援いたします。
残念ながら思ったほど得点も、投票も振るわなかった人も
やっぱり我々はこれからのご活躍を応援しておりますよ。

長くなりましたが、最後に。
私の得点で10点がついてる人は、もう私に言えることは何もない所まで
ぶっ飛んでぶっちぎってる人です。そのまま頑張って、ぜひうちだけじゃなく
幅広く色々な所で今後活躍できるよう群馬から応援しております。

9点以下だった人は、そのマイナスの分だけ
「もっと良くなる、まだ改善の余地はある、まだまだもっとすごい物を作れる」
そんな応援の思いが込められてます。

「アートスープ賞」の個展開催券は一ギャラリー経営者の目線で見て
この人なら無料で個展を開催してもらってもそれ以上のメリットがうちにある、
という打算的かつ私の趣味なセレクトです。一緒に前橋で経済を回しましょう!

「スープ奨励賞」は特に今後頑張ってほしい人への応援の気持ちです。
次回以降の出展がちょっとお値引きになるチケットをプレゼントします。

「スープ賞」は残念賞、特に受賞が無かった皆さん全員に配られます。
これに懲りず頑張って、またぜひ出展お待ちしております。






スポンサーサイト
  1. 2017/10/14(土) 23:42:10|
  2. 公募展・コンテスト 情報
  3. | コメント:0
<<「前橋めぶくフェス」アートスープ出展者募集中 | ホーム | 花鳥風月展vol.3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アートスープ

Author:アートスープ
どなたでも、どんなジャンルの作品でも、
気軽に手軽に作品を発表できる
アートギャラリーショップです。

絵画・イラスト・写真など主に
平面作品の展示ができる白い壁面と
ハンドメイド小物やアクセサリーなど
小作品のための1階常設棚、
大きめの立体作品のための展示台、
映像用のプロジェクタなどなど
ギャラリー2階を貸し切っての個展や
グループ展、教室も開催可能。

あらゆる形の作品の展示・発表・販売が
できます。是非一度ご来場下さいませ!



《---参考価格---》
*企画展への参加 ≫ 3,000円~
*棚レンタル価格 ≫ 1ヶ月 2,500円~
*個展・貸切展示 ≫ 1週間 50,000円~

※各企画展についてのお問合せは、
 募集記事からもアクセスできます。



《---Twitter---》
*総合 @GalleryArtsoup
*1階棚スペース @GalleryArtsoup2


《---facebook---》
「アートスープ」で検索!
https://www.facebook.com/galleryartsoup



《---Gallery Artsoup---》
〒371-0023
群馬県前橋市表町2丁目20-16

総合お問い合わせは
【E-mail】galleryartsoup@gmail.com
【TEL】027-896-9320 まで

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ギャラリーの基礎情報 (12)
1階常設展示 情報 (5)
アートスープ企画展 情報 (56)
グループ展 情報 (31)
個展・少人数展 情報 (25)
公募展・コンテスト 情報 (21)
その他展示会などの情報 (16)
イベント出展・交流会 情報 (20)
音楽・CD 情報 (5)
展示の様子 (3)
出展作家紹介 (1)
未分類・その他 (16)

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる